薄毛対策に効果的なミノキシジルの特徴と副作用

ミノキシジルの育毛効果としてもっとも知られているのが、血管を拡張する効果です。

男性型脱毛症(AGA)は血行不良が原因で起こることが多く、食生活の弥陀でなどで血管が脂肪などで詰まりやすくなったり、ストレスで自律神経が乱れ、それが脚気的に血管を収縮して血流が詰まりやすくなるのです。

こうなると、当然ですが、流れる血液の量も減ってしまいます。
ミノキシジルは育毛のために開発されたのではなく、元々は血圧を下げる薬でした。
高血圧の人は血管が狭くなって血圧が上がってしまうのです。

これをミノキシジルを服用することで血管を広げることができるというわけです。
血液の量が少ないと血液中の栄養素も減ってしまいます。

血管を広げることで栄養素の量も増えるということです。
血管を拡張することで、毛根に栄養を行き渡らせることが目的のミノキシジルですが、これにも副作用があります。

薬というと効果だけではありません。
副作用もつきものなのですが、ミノキシジルにはどのような副作用があるのでしょうか。

現在までに副作用として報告されているのは、低血圧 、不整脈、動悸 、多毛症 、性欲減退、性的不能 、にきび、肌荒れなどがあります。

もともと、ミノキシジルは血圧を下げる内服薬なので、服用の場合は低血圧の副作用が起きやすいのです

もっとも、育毛剤として利用する場合、ミノキシジルは外用薬として利用することになるので、実際には肌荒れ、さらには皮膚アレルギーなどを心配したほうがいいでしょう。

外用薬として、アレルギーや肌荒れなどの症状が出た場合は速やかに皮膚科に相談するようにしましょう。

フィナステリドの特徴と副作用とは?

副作用

フィナステリドはAGAに有効な薬として、日本だけではなく世界中で使用されています。
DHTという脱毛ホルモンが薄毛の原因とされています。

このDHTは、5αリダクターゼという毛根に潜んでいる物質に男性ホルモンであるテストステロンが結びついてDHTになることがわかっているのです。

そのため、フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼが結びつかないように体内で作用します。
そうすることで、DHTの発生を抑えることができるので、結果としてAGAに効果があるということになるのです。
しかし、フィナステリドは内服薬です。

内服薬には、高い効果が期待できる反面、どうしても副作用が発生しやすくなるのです。
フィナステリドにはどのような副作用があるのでしょうか。

フィナステリドを服用することで、起こる副作用は性欲減退、勃起機能の低下、うつ、精子減少などが挙げられています。

フィナステリドの副作用として、勃起機能の低下はよく聞く言葉です。

しかし、実際にはフィナステリドの服用によって勃起機能の低下があったとされる事例は全体の1.3%ということです。
100人服用すれば1人~2人に勃起機能の低下が現れるということになります。

ミノキシジルとフィナステリドを同時に服用しても大丈夫?

ここで多くの人が考えるのがミノキシジルとフィナステリドの併用服用です。

血管を拡張することで血流を良くし、髪の毛に栄養を行き渡らせるミノキシジルと、脱毛の原因となるDHTを防ぐことで育毛を促進するフィナステリドです。

成分としてお互いに干渉しないので、効果としてはさらに期待できると言えます。
しかし、副作用はどうでしょうか。
併用したからといって副作用のリスクが減るわけではありません。

むしろ、併用することでさらに副作用のリスクが上がると考えていいでしょう

ミノキシジルとフィナステリドの併用は確かに最強と言えますが、副作用のリスクは一つ一つを服用するよりも格段に高まるということを理解しておくことが必要です。

AGAの治療は待ったなしと言えますが、焦って二つの薬を併用するよりも、どちらか一つに絞って服用するようにしたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です