男の薄毛に亜鉛が効く!?その真相は・・・

薄毛、抜け毛対策に効果的と言われている亜鉛ですが、その役割と効果はどういったものなのでしょうか。
その理由は大きく分けて2つあります。

1つは、亜鉛には、髪の毛の90%を占めるケラチン合成の役割を担う効果があるためです。
逆に考えると、亜鉛が体内で不足してしまうと、髪の毛が生成できないということになります。

つまり、新しい髪の毛が生えてこないということが言えるのです。
そして、もう1つの働きが5αリダクターゼ酵素を抑制することです。

5αリダクターゼ酵素は、薄毛や抜け毛の原因となるので、必然的に亜鉛は抜け毛対策として効果的な栄養素になるのです。

AGAは男性ホルモンが原因となることが知られていますが、厳密にはジヒドロテストステロン(DHT)が脱毛指令を出すことによって薄毛を進行させます。

そんなDHTは男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼに還元されることで生み出されているのです。

そのため、5α-リダクターゼを抑制することがAGAを抑制することに直接つながるということです。
その5α-リダクターゼの働きを押さえ込んでくれる亜鉛はまさに、薄毛に悩む男性救世主的存在と考えていいでしょう。

食べ物で亜鉛摂取

亜鉛が含まれる食品として代表的なものは、生カキ・煮干し・たたみいわし・豚レバーなどとなっています。

これらは、日常の食生活では頻繁に食べるものではないという人も少なくないと思います。

しかし、亜鉛を薄毛対策に役立てるのであれば、意識的にこれらの食材をメニューに取り入れていくことが大切となってくるのです。また、亜鉛サプリなどで補給していくことも必要です。

亜鉛の吸収率を手助けするものと阻害するものについて説明します。
亜鉛の吸収率をサポートするなど、亜鉛にしっかりと働いてもらうために必要な栄養素がビタミンB群(B2・B6)、ビタミンCになります。

ビタミンはさまざまな栄養素をサポートする働きがあるのですが、亜鉛の働きも助けるのです。

一方で、亜鉛の働きを阻害してしまう食品もあるので注意が必要です。

亜鉛は、カルシウムや食物繊維、紅茶に含まれるタンニン、カフェインなどと結びつくと体外へ排出されやすくなる性質があるのです。

亜鉛をより効果的、効率的に体内に摂りいれたいという場合には、これらの食品は控えたほうが良いでしょう。

亜鉛以外にも効果的な成分があった

ノコギリヤシエキスがAGAの治療に効果的とされています。
ノコギリヤシには男性ホルモンを抑制する効果があるとされているのですが、AGAの治療薬などとしても利用されています。

効果の高い育毛剤には副作用のリスクがあることが知られています。
そのいっぽうで、ノコギリヤシは天然成分です。

そのため、他と比べても副作用のリスクが非常に少なく、安心して使用することができるのです。

即効性には期待できないため長期にわたる摂取が必要となりますが、1型5α-リダクターゼ、2型5α-リダクターゼの両方に効果を発揮するので、AGA全般に良い効果が期待できます。

リモネンを摂取するのも効果的です。
リモネンとは柑橘類の皮に含まれている成分で、さわやかな香りが特徴です。

抗酸化力を高めてくれるファイトケミカルの一つとされていて、このリモネンには5α-リダクターゼの働きを抑える効果があるのです。

もちろん食品として摂取しただけでは十分な効果を得ることはできません。
毎日摂取することによって少なからず効果を期待することはできます。

また、頭皮環境を守るという点においても柑橘類は高い効果を期待することができます。
いずれにしても、リモネンは薄毛に良いということになります。

AGAは進行型の薄毛の症状ですので、早期発見、早期治療が基本です。
手遅れにならないうちに、早くから、食生活の改善などできることから少しずつ取り組んでいくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です