脂漏性の人がトニックシャンプーを使うとこうなる・・・

スッキリしたサラサラヘアというのは、男女ともに目指したいところです。
しかし日々の生活や頭皮のケアによっては、ベッタリとした「脂性フケ」が出てしまうこともあるでしょう。
脂性フケはサイズも大きくて、脂っぽいので頭皮にとどまりやすく目立ちがちです。

せっかく毎日ヘアケアをしていても、脂性フケがあることで不潔感が出てしまいますね。
そんな「脂性フケ」の対処方法をチェックします。サラサラヘアで嫉妬される髪になりましょう。

男はさっぱり洗い上げるのが一番」とか、「スカルプケアが女性にも大事って書いてあった」などと、トニックシャンプーを毎日使ったり、メンソール入りの清涼感の強いシャンプーを毎日使ってはいないでしょうか。

トニックシャンプーなどの清涼感の強いシャンプーは脱脂力が強く、確かに夏場などはさっぱりして気分がいいのですが必要以上に油分を頭皮から取り除いてしまいます。

シャンプーの選択方法は間違えていなくても、洗髪方法が間違っていてはやはり油分を招いてしまうかもしれません。
また、熱すぎるお湯で洗ってはいいでしょうか。
汚れがよく落ちるようにと爪を立ててゴシゴシ洗ってはいないでしょうか。

それらはすべてNGで、頭皮を痛めつけることになりかねません。
トニックシャンプー、すごく気持ちいいのですが、毛穴にいい影響を与えないのです。
フケが気になっている人は毎日使うのは控えましょう。

適度な皮脂が必要

自分は脂性フケなのかも…
フケの種類がわかれば、正しい対処法がわかります。
そのために、まずは原因を探っていくことが大事です。

皮脂の摂りすぎ
皮脂を頭皮から必要以上に落としてはいないでしょうか。
頭皮が乾燥すると、皮膚が乾燥から身を守ろうとして油脂分をより多く分泌させることになってしまいます。

それがまさに脂性フケの原因かもしれないのです。
思い当たることはないでしょうか。
成分の強いシャンプーでごしごし洗っていたらそれは要注意です。

知らないと危険!脂性の頭皮ケア

意外に盲点なのが洗い残しです。
特に男性はシャンプーをそのまま頭に垂らして、わしゃわしゃと洗って適当に流して終わりということが多いのではないでしょうか。

シャンプーの成分が頭皮に残ると、雑菌が繁殖してしまって、それがフケの原因になるのです。
シャンプーは髪の毛を洗うものではなく、頭皮を洗うためのものです。
髪さえ洗えばOKではありません。
しっかり指の腹を使って頭皮を洗いましょう。

汚れの洗い残しがないか、シャンプーのすすぎ残しがないかをよく確認しながら流してください。

血行不良
血行不良によって頭皮が硬くなったり、十分な栄養がいかないことで、フケの発生原因になることがあります。
その血行不良になる原因はどういったものでしょうか。
それは、過度な飲酒や喫煙です。
付き合いだから、疲れているからと飲酒や喫煙の機会が多くなってはいないでしょうか。
タバコの吸い過ぎは血流が悪くなります。
血流が悪くなれば頭髪の発育も疎外されてしまい、フケが生じることはもちろん髪の毛が細くなったり、数が減ったりすることもあるでしょう。それが薄毛にもつながっていくのです
これは、男性ばかりでなく女性にも由々しき問題なのです。

睡眠不足
毎日仕事が忙しくて、なかなか思った時間に眠れない。
そんな人はこの忙しい現代社会において数多くいることでしょう。
しかしこの睡眠不足も血行不良の大きな原因です。
睡眠不足では成長ホルモンの分泌も減ってしまい、体全体に活力がない状態になってしまうと言われています。
睡眠時間をなるばく確保するのはもちろんですが、リラックスしてぐっすりと眠れる環境をつくることも大切です。
スマホも眠る前だけでも触るのをストップして、たまにはアロマを焚いて眠るのもいいですよ。

頭皮の皮脂が必要な理由

肌のバリアとして重要なのが適度な水分を含んだ角層と、皮脂腺から分泌され角層の表面を覆っている皮脂です。
皮脂は油の膜を角層表面につくって、水分が角層から蒸散しないようにしています。

おもしろいことに、皮脂をふきとっても、30分後にはまたもとの量まで回復するということです。
それだけ、皮脂は角層からの水分の蒸散を防ぐという重要な働きをもっているわけですね。

赤ちゃんや幼児が、大人が平気な石鹸やボディーソープでも、腕や背中が肌あれしやすいのは皮脂の分泌が少ないからです。

特に、冬は気温が低くなるので、皮脂分泌は非常に低くなります。鼻では皮脂の分泌が多いので、アトピー性皮膚炎の人で鼻にだけ湿疹ができない人もいます。

難しい割合になりますが、皮脂はトリグリセリド(41%)、ワックスエステル(25%)、脂肪酸(16%)、スクワレン(12%)、ジグリセリド(2.2%)、コレステロールエステル(2.1%)、コレステロール(1.4%)などから構成されています。
冬は夏に比べて、トリグリセリドや脂肪酸の割合が減少していき、スクワレンの割合が増えます。
スクワレンは酸化されやすい性質があり、冬に乳液やクリームが必要になるのは、不足する皮脂を補うためです。
皮脂の代用品として使う、乳液・クリームに配合される油分としては、オリーブスクワランやホホバ油、ワセリン、シリコン油、高級アルコールなどがあります。

しっかり洗いながら適度な皮脂を残す方法

脂性フケは正しい洗髪方法で改善していきましょう。
それでは正しい洗髪方法とはどういったものでしょうか。
シャンプーの選び方からチェックしていきます。

シャンプーの選び方
脂性フケ対策にとても大事なのは、シャンプーの洗浄成分です。
多くの場合「油分が残ってしまってフケになっている」のではなく、「強力な洗浄力で洗いすぎて余分な皮脂を招いている」ということです。
つまり、洗浄成分をもっと優しいものに変えていかなければいけません。

シャンプーの洗浄成分は大きく分けて4つです。

アミノ酸系(語尾にアミノ酸の名前がついているものです。グルタミン酸・アラニン・タウリンなどがあります)
高級アルコール系(ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなど「硫酸」とついたらこれです。)
石けん系(石鹸素地などです)
ベタイン系(ベタイン・ココイル・ココアンホなどの名前がつくものです)

この中で最もおすすめなのは「アミノ酸系」です。
アミノ酸と同じくらいおすすめできるのが「ベタイン系」でしょう。
ベタイン系はベビーシャンプーなどにも使われる成分です。
高級アルコール系シャンプーに一緒に配合されていることもあり見分けがやや難しいのが難点ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です