頭が痒くてたまらない!その原因とケア方法

頭がかゆくて悩んでいる人は多くいるでしょう。

常にかゆい人もいれば、たまにかゆくなる人もいますが、誰にとっても頭のかゆみは厄介なことです。

そんな頭のかゆみの原因は皮脂、雑菌、乾燥、頭皮のダメージ、洗い残し、病気などが考えられます。

頭皮に皮脂が溜まると毛穴を塞いでしまい、それによって頭皮環境が悪くなってかゆみが生じることもあります。

また、毛穴が詰まることによって皮脂と一緒に排出されるはずの老廃物が排出されにくくなり、それが酸化して刺激物質に変化してかゆみが出てしまうこともあるのです。

それに、雑菌が増殖して皮脂を分解し、それによって発生した脂肪酸が原因となって炎症を起こしてかゆくなるときもあります。

頭皮のダメージが原因となるときはパーマやカラーリング、紫外線を浴びた時にかゆみが出やすくなり、これも頭皮環境が悪くなることによって起きます

洗い残しはシャンプーやコンディショナーをしっかり洗い流さないことです。

洗い残しがあると洗浄成分などが毛穴に残ってしまい、それが毛穴を詰まらせてトラブルの原因となり、場合によっては激しいかゆみが出てしまうこともあります。

病気でかゆくなるのはシラミやアトピーなどです。

シラミは血液を吸い取られることによって強いかゆみが出ますし、アトピーの場合は乾燥やちょっとした刺激ですぐにかゆくなってしまいます。

このようなことが原因で頭がかゆくなってしまいますが、しっかりヘアケアして対処することやかゆみ対策を行うことで解決できますので、最近頭がかゆくなってきた人や、すでにかゆい人は早めに対応していきましょう。

大きなフケは危険信号

フケ

フケが出ることはよくありますが、大きいフケが出たら注意が必要です。

まず、フケには2つのタイプがあり、乾性フケと脂性フケがあります。

乾性フケは乾燥している粉状というのが特徴となっており、頭皮が乾燥することによって発生します。

刺激がや洗浄力が強すぎるシャンプーを使用した時やゴシゴシと強く洗ったとき、それに紫外線を浴び過ぎた後に発生することがよくあります。

脂性フケはしっかりシャンプーできていなかったりヘアケアされていないときによく発生します。

頭皮に皮脂や汚れが溜まって雑菌が繁殖し、それが原因となって炎症を起こしてフケが出やすくなることもあります。

こうした2つのタイプのフケはそれほど大きいものではありませんが、これが大きくなってボロボロとカサブタのように出てきた時は注意が必要となります。

大きいフケはカサブタみたいなので乾燥によるものと勘違いされがちですが、実は頭皮にいる雑菌の異常?殖によって出てくるのです。

雑菌が異常?殖するということは、その雑菌のエサとなる皮脂が溜まっていたり異常分泌しているということです

ですので、頭皮環境が悪くなっているということになります。

こうしたことからも分かるように大きなフケが出ることは頭皮環境が悪くなって証拠ですので放置しておくと抜け毛や薄毛の原因になります。

だから、大きなフケが出たら頭皮環境が良くなるようにしっかりケアしましょう。

ケア方法

頭皮環境を整えるには食生活やヘアケア、ストレス解消や生活習慣などを見直すことです。

栄養が偏った食事は頭皮への栄養が足りなくなって環境を悪くすることがありますので、特にタンパク質やビタミンBが不足しないようにしましょう。

ヘアケアは毎日のシャンプーが重要ですが、刺激が強すぎないことや頭皮を優しくマッサージするように洗いましょう。

ストレスは自律神経を乱してホルモンバランスの乱れの原因となり、それが皮脂の過剰分泌になりますので上手く解消しなければいけません。

生活習慣は睡眠不足や運動不足に気を付けることです。

血行不良を起こして頭皮へ十分な栄養が行き届かなくなるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です