誰でも頭皮は臭い?不快な臭いを改善してすっきり頭皮へ

頭から出る臭いは人を不快にさせますので厄介ですし、自分も気分が悪くなってしまうことがありますので、できることなら臭いはないほうが良いでしょう。

しかし、男性は頭皮がベタベタして臭いを出してしまいます。

その頭皮から出る臭いの原因は皮脂の過剰分泌や汗、乾燥や不十分なヘアケアなどによって発生します。

また、頭皮から発生する特有の嫌な臭いはヘキサデセン酸という脂肪酸が分解されることによってノネナールという成分になり、そのノネナールを放っておくことで臭いの原因となることもあります

それに、皮脂腺から分泌される皮脂が頭皮にいる常在菌や細菌などによって分解されることも臭いの原因となってしまいます。

放っておくとワキガ臭のような強烈な臭いになってしまうことがありますが、これは頭皮にいる菌が異常?殖することによって引き起こされることもあります。

このように頭皮が臭うのは皮脂を分解する常在菌にも原因がありますので、その菌のことを詳しく知ってしっかり対処していくのが重要となります。

誰の頭皮にも菌はいる?

頭皮に菌がいると思うと怖くなりますし気持ち悪くなることもあるでしょう。

しかし、頭皮には誰でも菌がいて、ある程度まで繁殖しているのです。

頭皮にいる菌は頭皮だけではなく全身におり、大人だけではなく子供にも当たり前のように存在しています。

また、頭皮にいる菌は当たり前のように繁殖しますが、頭皮環境が悪くなると異常?殖して抜け毛の原因になってしまうことがあります。

こうした頭皮の菌は表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌などの200種類以上の菌があるとされており、この菌が1センチ平方メートルに10万個以上も存在していると言われています。

菌のバランスが乱れると頭皮環境が悪くなりますし、抜け毛が増えて薄毛になりやすくなりますが、では菌にはどのような役割があるのでしょうか?

菌の役割は古い角質や皮脂を食べること、外部からの病原体を防ぐことや免疫細胞を活性化させることです。

このような役割がある菌は誰でも繁殖しているのですが、これが異常?殖するようなことになりますと菌に死骸やフンなどが増えてしまって頭皮環境が悪くなり、我慢できないくらいのかゆみが出てしまいます。

さらに、フケや乾燥などが酷くなることもあり、もっとひどい人は炎症や感染症を引き起こしてしまいます。

しかし、菌が繁殖しているからと言って減らし過ぎてしまうのも問題です。

菌が必要以上に減ってしまいますと皮脂が分解されにくくなって臭いが強くなりますし、分解されない皮脂が増えることによってベタベタしたり痒くなったりしてトラブルを起こしやすくなるのです。

こうしたことからも分かるように誰でも頭皮には常在菌が?殖しているのですが、その常在菌のバランスが崩れるとトラブルになってしまいますので、必要以上に頭皮の皮脂をとり過ぎたり刺激が強いシャンプーでゴシゴシと洗わないようにしましょう。

スプレーで頭皮に臭いケア

スプレー

頭皮の臭いを解消する方法は色々ありますが、スプレーで解消するという簡単な方法もあります。

頭皮の臭いを解消するスプレーには菌の繁殖を抑える抗菌成分が配合されているものもありますし、フケや痒みの原因菌の?殖を抑えるミコナゾール硝酸塩などの成分が配合されているものもあります。

頭皮の臭いを抑えるには頭皮環境を整える必要がありますが、こうしたスプレーは簡単に整えれて臭いを抑えることができますので便利です。

とは言っても、日頃のヘアケアをしっかり行っていなければスプレーだけで対処できなくなってしまうこともありますので、毎日のシャンプーは勿論のこと、食生活や生活習慣などに気を付けておくのも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です